スポンサーリンク

「金持ち」と「貧乏人」に二極化する高齢者…60代世帯の約4分の1が「金融資産非保有」

副業
1: 稼げる名無しさん 2021/02/23(火) 14:26:46.82 ID:+Vde1+o+9.net
コロナ禍の長期化にともない、はたらきざかりの世代を取り巻く「仕事」「お金」の事情は、見通しが立ちにくい状況が続いています。
この漠然とした不安感をきっかけに、家族の長期的な将来を見据えたマネープランを立て直している、というご家庭も多いでしょう。
定年の延長、年金受給スタート年齢幅の引き上げ、そして崩れつつある終身雇用制。現役世代が直面する「老後」は、先輩たちとはまた少し違ったものになるかもしれませんね。
とはいえ「60代」は、しばらく引き続き多くの人にとって「定年退職」を迎え年金生活に入る「老後のスタート」時期であることは確か。
今回は、老後生活の入り口となる幕明けとなる60代のお金事情を深掘りしていきます。
■60代の平均預貯金額は?
総務省の「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2019年(令和元年)平均結果-」では、各世代の平均預貯金額が示されています。そのうち、60代の平均額は以下の通りです。
60代(60~69歳)の預貯金平均額・・・1464万円
60代になると、お勤め先からの退職金や親族からの相続といった、ある程度まとまったお金が入る世帯もあるかと思います。
そうした収入がこれまでの預貯金にプラスされたことで、預貯金が1000万円を超えるケースもあり得そうです。
■「60代で貯蓄がない世帯」はどの程度いるのか
先ほどの預貯金の平均額をみて、「60代の多くはそれなりの預貯金額を持っていそうだ」いうイメージを持たれた人もいらっしゃるでしょう。
ではここで、金融資産を持たない世帯を含めた「年齢別金融資産保有額」をもとに、60代の金融資産保有額もみてみましょう。
60代の金融資産保有額(金融資産を持たない世帯を含める)
全体の平均:1635万円・中央値:650万円
(【参考】50代:平均1194万円、70代以上:平均1314万円)
前後の世代の平均値と比較しても、60代が最も多く資産をもっている状況がうかがえました。
さて、ここまでご紹介してきたのはあくまでも平均額。平均額だけをみると、すべての60代がお金に余裕のある状態であるかどうかは分かりません。
次では60代世帯の貯蓄額の分布に関する数字をながめていきます。
約4分の1が「金融資産非保有」~60代世帯のリアル~
さて、先にご紹介してきたデータはあくまでも平均額。平均値は一部のお金持ちに引っ張られる形で上がります。
すべての60代が金銭的な余裕をもっているというわけではありません。その状況は、以下の「60代の金融資産保有額」の分布から見てとれます。
金融資産非保有…23.7%
100万未満…3.5%
100~200万未満…4.0%
200~300万未満…3.2%
300~400万未満…3.9%
400~500万未満…2.7%
500~700万未満…5.9%
700~1000万未満…5.2%
1000~1500万未満…9.8%
1500~2000万未満…5.8%
2000~3000万未満…9.1%
3000万以上…15.4%
無回答…7.9%
ここで目を引くのが、全体の約4分の1を占める「金融資産非保有」という世帯です。
また、金融資産がある世帯をみても、広範囲に分布が広がっているのが分かります。
同じ60代でも、「お金を持っている世帯」と「持っていない世帯」に二極化していることが読み取れます。
(以下略、全文はソースにて)

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

 とりあえず僕は現状為替ポジションが多めだお。
 株、ビットコインはなんだか値下がり傾向にあるので、落ち着くのを見極めに移行したお。

追記
テザー解決とのことだお
上昇にもどるかも?

acha

続きを読む

ソース: 稼げるまとめ速報
記事元リンク: 「金持ち」と「貧乏人」に二極化する高齢者…60代世帯の約4分の1が「金融資産非保有」

タイトルとURLをコピーしました