スポンサーリンク

【大霊界】「死者」とコミュニケーションできるシステム、Microsoft社が開発、特許を取得

1: チミル ★ 2021/02/01(月) 16:58:15.94 ID:B6X/G8dG9
私たちは死者と会話することはできません。しかし、特定の死者に酷似したAIとは会話できるかもしれません。

2017年にMicrosoftのダスティン・アブラムソン氏らによって開発・申請された新しいチャットボットシステムが2020年1月に特許を取得しました。

公開された情報によると、新しいチャットボットは特定の人物の情報を使用して、その人に成り代わってコミュニケーションをとることができます。

※中略

今回Microsoftが特許取得し開示した情報によると、新しいチャットボットは、ソーシャルメディアの投稿、画像、音声データ、電子メッセージ、文書データ、およびその他の個人データ(個人また他者から提供される)から情報を収集します。

これにより、チャットボットは特定の人物に合った性格を自動形成し、リアルな声で会話できるようになるとのこと。

つまりユーザーが「特定の人物」を指定することで、その人に似た別の存在が手に入るのです。

チャットボットには「生活上の重要な出来事を質問」したり、「相手との愛を確かめるために電話」したりできます。

ユーザーが具体的な情報源のない質問をした場合、AIは機械学習プロセスを利用して、論理的でありそうな回答を構築できるとのこと。

※以下も略。記事の参考文献、元論文等のリンク、記事全文は下記よりお願いいたします。
https://nazology.net/archives/81863


続きを読む

ソース: 米国株ETFまとめ速報
記事元リンク: 【大霊界】「死者」とコミュニケーションできるシステム、Microsoft社が開発、特許を取得

タイトルとURLをコピーしました