スポンサーリンク

米アップルとFB、深まる対立 個人情報巡り批判の応酬

1: 蚤の市 ★ 2021/01/31(日) 14:50:12.87 ID:EfbTAOW49
 個人情報の保護を巡り、米アップルと米フェイスブック(FB)の対立が鮮明になっている。アップルがプライバシー保護策を強化し、iPhone上などでアプリが収集するデータを利用者に通知することが発端だ。FBは、アップルに対し独占禁止法違反の提訴も検討していると報じられ、米巨大IT同士の異例の対立に発展している。

 「我々の生活のすべてにかかわることが集計され、販売されるのが普通で不可避だと受け入れてしまったら、我々は人としての自由そのものを失う」

 アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は28日、欧州でのプライバシーを巡るシンポジウムにオンラインで参加し、強い調子で訴えた。名指しこそしなかったものの、FBを意識しているのは明らかだった。

 FBやグーグルは、SNSの無料サービスを提供する一方、利用者の利用履歴や好みなどのデータを集め、企業からターゲティング広告を出してもらうビジネスモデルだ。FBの広告収入は2020年で841億ドル(約8兆8千億円)、グーグルの親会社アルファベットは19年で1348億ドル(約14兆1千億円)で、両社で世界のネット広告市場の5割を占めるとされる。

 クック氏は「テクノロジーとし…(以下有料版で、残り1485文字)

朝日新聞 2021/1/31 13:40
https://www.asahi.com/sp/articles/ASP104GR2P1ZUHBI01F.html?iref=sptop_7_01


続きを読む

ソース: 米国株ETFまとめ速報
記事元リンク: 米アップルとFB、深まる対立 個人情報巡り批判の応酬

タイトルとURLをコピーしました